Akiko Grace

アキコ グレース

pianist, composer, arranger

  

Akiko Grace (ピアニスト、作曲家)

アキコ・グレース

神奈川県生まれ。ピアノ教師である母親の影響で3歳よりピアノを弾き始める。ラジオで流れていたオスカー・ピーターソンを聴いてジャズに魅せられ、10代後半からボストン、ニューヨークを中心にライブ活動をはじめる。東京藝術大学音楽学部楽理科とバークリー音楽大学ピアノ演奏科を卒業。2002年、日本コロムビアからSAVOYレーベル初の日本人アーティストとして『フロム・ニューヨーク』でCDデビュー、『マンハッタン・ストーリー』『NYスタイル』と合わせて日本ジャズ界に新しいモードを提唱する三部作として話題を呼ぶ。ニューヨーク、オスロ、東京でレコーディングを重ね、11枚のリーダーアルバムをリリース。ゲイリー・ピーコック、ラリー・グレナディア、ロン・カーター、ビル・スチュワート、ヨン・クリステンセン、エディ・ゴメス、ビル・ラズウェル、カート・ローゼンウィンケル等と共演、国内外でコンサート活動を行う。文化庁主催芸術祭優秀賞(レコード部門) 、ジャズディスク大賞日本ジャズ賞、ミュージックペンクラブ・ベストパフォーマンス賞(国内部門)など受賞多数。国内ではラジオ番組のパーソナリティ、日本経済新聞のコラム連載、アルバムプロデュースなども手掛ける。現在は、ソロ、デュオ、トリオ等演奏活動のほか、映画への楽曲提供、視覚芸術とのコラボレーション、レコーディング、委嘱作品の作曲など意欲的に行なっている。


Born in Kanagawa, Japan. Began to play piano at the age of 3, surrounded by the pupils of her mother who taught classical piano at home. In her early teenage, started to secretly take a deep interest in improvisational music, fascinated by Jazz music. Graduated from Tokyo National University of Fine Arts and Music in Musicology and Berklee College of Music in Piano Performance. In 2002, Akiko Grace released her debut album “From New York” from Savoy label, as Savoy’s first Japanese artist. Recorded and played with Ron Carter, Gary Peacock, Larry Grenadier, Bill Stewart, Eddie Gomez, Bill Laswell, George Garzone, Kurt Rosenwinkel, to name a few, released 12 albums including analog LP. Akiko Grace won “Outstanding Record of the Year Award” of National Arts Festival, ”Japan Jazz Grand Prize” of Swing Journal, ”Best Popular Concert Performance of The Year” of Music Pen Club Japan award, etc. Currently, akiko performs with various settings, piano solo, duo, trio, along with making music for films, recording, composition for individually commissioned work, and visual art-collaborative projects.

  

お問い合わせ

AG Office International

(エージーオフィスインターナショナル)

info@agoffice.co.jp

© 2019 AG Office International all right reserved.