「クリエイションの現場」2021年秋

Akiko Grace講義「クリエイションの現場」全十四回のシラバス(2021年9月〜2022年1月、立教大学)最新バージョンが公開されましたのでお知らせします。


「クリエイションの現場」

〜インスピレーションの源泉としての音楽

Lecturer: Akiko Grace

立教大学5号館5324

2021.9.22-


第一回「クリエイションの現場」音楽を学際的に学ぶ〜発想の源泉、創造的な思考力とは


第二回 コミュニケーションとしての音楽、即興演奏とは〜通奏低音からフリージャズまで


第三回 沈黙は聞こえるのか?〜日本文学と音楽(無常観、もののあはれ、月を弾く)


第四回 リベラルアーツ「数学四科」としての音楽〜音律と周波数(倍音、ゆらぎ、宇宙空間の音楽)


第五回 音楽と映像〜音の色彩、音のテクスチュア


第六回 シュールレアリスムと音楽〜コラージュとミュジック・コンクレート


第七回 五感とクリエイション〜味覚・触覚・嗅覚の創造活動(五感の旅、香木、陰翳礼讃・日本家屋)


第八回 耳に聞こえない音〜ハイパーソニック・サウンド(植物や動物が出す超音波)


第九回 日本建築とクリエイション〜立体的な音、音像(庭園・神社仏閣での演奏、水琴窟)


第十回 総合芸術と音楽〜能、歌舞伎、オペラ、ミュージカル、デジタルアート


第十一回 頭の中の音楽〜ゲシュタルトとしての作曲、インプロヴィゼーション(夢の心理学、音のフォルム)


第十二回 謎解きと音楽〜カラクリのある音楽(逆行カノン、記譜法、バッハと数秘術)


第十三回 至高のコラボレーションとは〜世界から見た日本の美意識、ポストモダニズム、表象文化論


第十四回 創造のモチベーション〜インスピレーションの源泉としての音楽


特集記事